立地条件で選ぶ永代供養の注意点

立地条件で選ぶ永代供養の注意点 昔は、先祖代々住んできた土地にお墓があって、子孫は毎年そのお墓にお参りするのが一般的でした。
しかし、現代では、お墓のある土地から離れて都市部で住む人も増えており、そうなると毎年帰省してのお墓参りも難しくなってきます。
このような状況下、近年は、先祖のお墓を近所のお寺へ移し、永代供養をお願いするケースが増えています。
永代供養は遺骨の管理や供養を永代にわたってお願いすること。お寺の永代供養堂と呼ばれる建物には多くの供養棚が設置され、それぞれの供養棚に、遺骨を納めた骨壺を安置して供養します。また、遺骨だけでなく位牌を置くことができる場合もあります。
永代供養をお願いするお寺を選ぶ際には、そのお寺の立地条件が重要となります。自宅からのアクセスが悪い場所にあるお寺にしてしまうと、せっかく先祖代々のお墓を近くに移してきたのに、お寺へお参りするのがおっくうになってしまいます。
できれば、自宅から短時間で訪れることができるお寺にお願いするのがよいでしょう。

永代供養墓を管理・運営しているのはどこ?

永代供養墓を管理・運営しているのはどこ? 永代供養墓を管理、運営しているところは、寺院や自治体、民間団体です。墓地を運営する事業者には一定の資格制限があるため、区分はこの3つになります。
これとは別に、管理をするのを別の法人格が行っている場合もあります。やや腰のは、民間の場合でも寺院が運営していることがあるということです。
この場合は寺院が運営している場合と異なり、団かにならなくても利用することができます。
永代供養墓の運営主体によってあまり大きな差がありませんが、公営の場合は募集をしている時期が定まっています。
また、倍率が高ければ抽選になってしまいます。確かに永続性が保証されていて費用も安いイメージがありますが、必ずしも利用できるとは限りません。
永代供養の取り決めについては、規約によって異なりますので、運営主体ごとに差が生じています。
そのため、利用前に詳細については確認しておいた方が良いでしょう。例えば永代供養をしてもらえる期間が異なります。